業界ニュース

金型の設計原理

2019-01-24
真空成形金型の設計には、バッチサイズ、成形装置、精密条件、幾何学的設計、寸法安定性、表面品質が含まれます。

1.バッチのサイズは実験に使用されます。金型産出量が少ない場合、木や樹脂で製作可能です。ただし、製品の収縮、寸法安定性、サイクルタイムに関するデータを取得するために実験用金型を使用する場合、1つのキャビティ金型を実験に使用する必要があり、製造条件下で使用できます。金型は通常、石膏、銅、アルミニウムまたはアルミニウム鋼合金で作られ、アルミニウム樹脂はほとんど使用されません。

2、幾何学的形状の設計、設計は、しばしば寸法安定性と表面品質を考慮する必要があります。たとえば、製品の設計と寸法安定性には、雌型(雌型)の使用が必要ですが、表面にはより光沢のある製品が必要ですが、雄型(突起)の使用が必要であるため、プラスチック部品の発注者は検討しますこれらの2つのポイントは、製品を最適な条件下で生産できるようにするためです。経験上、実際の処理条件を満たさない設計はしばしば失敗することが示されています。

3、サイズが安定している、成形プロセスでは、金型と接触しているプラ​​スチック部品の表面は、金型を離れる部品の寸法安定性よりも優れています。材料の剛性により、将来、材料の厚さを変更する必要がある場合は、オス型からメス型に変換される可能性があります。プラスチック成形品の寸法許容差は、収縮率の10%未満にはできません。

4.プラスチック部品の表面。成形材料をラップできる範囲の観点から、プラスチック成形品の可視面の表面構造は、金型との接触部分に形成する必要があります。可能であれば、プラスチック成形品の清潔な面が金型表面に接触しないようにしてください。それは女性の型を使って浴槽と洗濯槽を作るようなものです。

5、変更、プラスチック製のパーツのクランプエッジを高さ方向に切断するために機械的水平のこぎりを使用する場合、少なくとも天びんの6〜8mm。研削、レーザー切断、噴射などの他の仕上げ作業でも、マージンを残しておく必要があります。ナイフダイスの切断ライン間のギャップが最も小さく、打ち抜きダイスをトリミングしたときの分布幅も小さいことに注意してください。

6、収縮と変形、プラスチック収縮(PEなど)、一部のプラスチック部品は、どのように防止しても、変形しやすく、冷却段階でプラスチック部品が変形します。この状態で、成形金型の形状を変更して、プラスチック成形品の形状のずれに対応します。たとえば、プラスチック成形品の壁はまっすぐに保たれていますが、参照の中心は10 mmずれています。金型のベースを上げて、この変形の収縮量を調整できます。

7.プラスチック成形金型の製造では、収縮量を考慮する必要があります。 1成形品が収縮します。プラスチックの収縮が明確にわからない場合は、同様の形状の金型でサンプリングまたはテストする必要があります。注:この方法では収縮のみを取得でき、変形したサイズは取得できません。 2セラミック、シリコーンゴムなどの中間媒体の悪影響による収縮。3アルミニウム鋳造時の収縮など、金型に使用される材料の収縮。